気ままなランニングのはなし

日々のランニングで感じたささいなこと

膝の痛みから2週間が過ぎ

水戸マラソンから2週間が過ぎ、左膝の痛みも少し和らいだ気がする。

 

早速、練習再開。

 

月曜日 5kmジョグ

火曜日 3kmペース走(3'40)

水曜日 8kmジョグ

木曜日 ランオフ

 

まだ、痛みが出るけど短い距離ならなんとかなりそう。

いつものことだけど、たった2週間で心肺もかなり落ちるんだなぁ…

3'40ペースがかなりきつい。

 

大阪マラソンまでに心肺はなんとかなりそうだけど膝がどこまで回復するか?

週末に20km走を入れてどこまで走れるか確認してみる。

その結果を踏まえ大阪マラソンをどうするか決めようと思う。

 

大阪マラソン3週間前の…

大阪マラソン3週間前の30km走! と行きたいところだけど、

 

「左膝が痛い、痛すぎる。」

 

とても30kmなんて走れない。

水戸のレース後の走行距離はわずか6km。

想像以上にダメージが大きかったみたいだ。

 

いつもは左膝の外側に痛みが出るけど、今回はお皿の上、腿と膝の付け根辺りに

引っ張られるような痛みがでる。

1、2km走ると痛みで立ち止まってしまうほどだ。

 

このままでは大阪マラソンのスタートラインに立つのはムリ。

 

「やっぱり無理して走っちゃダメだ。」

 

もう1週間ゆるジョグで様子を見て今後のスケジュールを考えたい。

 

水戸黄門漫遊マラソンから2日

朝起きると体の筋肉痛はだいぶ取れたけど気になるのは左膝の痛み。

長引かなければ良いのだけど…。

 

原因は何か?思い当たるところは多々ある。

 

1つ目は走り込み不足。

レースまでの直近3ヶ月の走行距離は200km前半。

怪我と付き合いながらというのもあったけど少なすぎる。

やっぱり300km前後行かないとなかなかフルを走りきる足はできない。

 

2つ目はフォームの変化。

今回のレースではハムストリングの痛みに加え足首の痛みも出た。

最近の練習でもそうだけど今までハムストリングや足首に痛みが出ることはあまりなかった。たぶん、膝をかばううちに柔らかく着地しようとフォアフット着地を無意識にやっていたのだと思う。

その結果、バランスを崩したフォームになり膝に疲労が蓄積されていき、さらには慣れないフォアフットで足首並びに甲、ハムストリングを痛める結果につながったのかなぁ?

 

原因は大まかにこんなところだと思うけど、この結果を踏まえ今後どうしようか?

 

大阪マラソンまで1ヶ月を切っているので無理はできない。

その中で癖のついたフォームを変えるのは難しいので、着地の仕方だけ気をつけながらゆるジョグを取り入れていこうと思う。

 

「間に合うか大阪!」

 

 

 

 

 

水戸黄門漫遊マラソン2017 【結果】

水戸黄門漫遊マラソン走ってきました。

まずは結果から   3'12'48

 

「いやぁ〜キツかった。」

 

前日は台風の情報を見ながら行くのはやめようと思ったけど、

後々、走らないで後悔するのが嫌だったので走ることに決めた。

 

会場に着いてみると雨も強く足場もグチャグチャ、

やっぱり来なければよかったと少しだけ後悔した。

 

でも、こんな天気の中たくさんの参加者を見てランナーって……と思った。

 

 

簡単にレースレポ

0-5km   22:34

スタートロスは41秒。

スタート15分前に行くもAブロック後方になる。

ロスを無くしたいのであれば30分前には並ぶのが良いかな?

1kmの通過が4'48秒、なかなか前に進むのが難しく30秒のロス。

 

5-10km   43:29 (20:55)

5kmを通過したあたりで体も温まり雨具を脱いだ。

ペース感覚が掴めずなかなかペースが安定しない。

 

10-15km   1:04:29 (21:00)

この区間もペースがバラつき1kmごとにラップが10秒前後上下するほどだった。

 

15km-20km   1:25:50 (21:21)

細かなアップダウンですでに疲労を感じ、体が重い。

※気にするほどのアップダウンではない。

 

20km-25km   1:46:49 (20:59)

ハーフの通過1:30:31。手元の時計でロスを除けばほぼサブ3ペース。

この区間は陸橋のアップダウンでキツくなる所だけどなぜか、

体が急に軽くなりリズム良く走ることができた。

 

25km-30km   2:07:50 (21:01)

引き続き安定したペースで走ることができた。

 

「このままいけば何とかサブ3は行けるかなぁ?」

 

淡い期待が頭をよぎった。

 

30km-35km   2:34:08 (26:18)

33km前後で急に腰の辺りに力が入らなくなる。

初めての経験だ、体を支えるのがやっとでしばらくはヘンテコなフォームで走った。

ペースを落とさずには走れなかった。

 

35km-40km   3:01:11 (27:03)

フォームが崩れたせいか体のあちこちに痛みが出てくる。

特に足の甲とお尻と腿の付け根辺りの痛みがひどくジョグがやっとの状態。

 

40km-ゴール   3:12:48 (11:37)

ついに左膝の痛みも出て最悪の状態へ。

ここまでくれば歩くのだけは嫌だった。

 

「何とか最後まで走ってゴールしたい!」

 

その気持ちだけで走りきった。

 

終わってみれば納得いくレースではなかったけど、ゴールの瞬間はホッとすると同時に

走りきった満足感に一瞬だけど浸ることができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水戸マラソンに向けて最後のポイント練習

火曜日のポイント練習。

10km変化走(44'14)

 

本当は15km走る予定だったけど左膝のご機嫌が悪かったので10kmでストップ。

調子を伺いながら中盤4kmだけキロ4ペースで走っておいた。

 

最後のポイント練習も未消化で終わり…

レース3週間前の練習は以下の通り

 

      予定      結果

3週間前  30km走    25km走

2週間前  20km走    15km走

1週間前  10km走    5km走

4日前   15km走    10km走

 

「まずいなぁ…」

 

過去にここまでひどい調整期間があっただろうか?

体が重く心肺もいっぱいいっぱい。

とてもフルマラソンを走る状態ではない。

 

この結果を踏まえて水戸をどうやって走ろうか?

 

この状態だとレースプランどころではないので

当日は30kmまでキロ4'10前後で走りあとは粘れるだけ粘る。

なんとか3時間一桁でゴールできれば御の字かなぁ…

 

膝の状態もよくないので無理をせず、

今回は大阪マラソンへのポイント練習の位置付けで行こうと思う。

 

最近はネガティブな話ばかりなので、ここからは気持ちを切り替えて走ろう。

 

 

 

水戸まで1週間

今週のポイント練習。

水曜日 1.2×3(4'12  4'04  3'58   rest80)

土曜日 5kmペース走 (18'22)

 

先週に続き水曜日のスピード練習はそこそこ走れるのだけど…

 

「ペース走が全く走れない!」

 

1週間前なので10kmのペース走を予定していたけど

2km過ぎたあたりでいっぱいいっぱい、5kmでやめにした。

 

先週に続きまたもや走りきれなかった。

このままだと明らかに走り込み不足でレースにはならくなってしまう。

 

「なぜだ?原因がわからない?スピード持久力が全く続かない。」

 

そろそろ年齢的な衰えか、いや40代でバリバル走っている仲間はたくさんいる。

例年に比べて練習量が落ちた理由でもない。

このところ走る量も抑え気味で疲労もだいぶ抜けてきている。

 

「この状態でレースを迎えるのかぁ…」

 

サブ3を狙って走るつもりだったけど、この調子では難しい。

火曜日の15km走を最後のポイント練習とし、レースプランを考えたい。

 

 

 

 

 

 

 

水戸黄門マラソンまで2週間

水戸黄門マラソンまで2週間、今週のポイント練習の結果。

水曜日   2km×3  rest3   (6’50   6‘47   6’43)

土曜日  15km走   (1’00’25)

 

いよいよ水戸まで2週間、ポイント練習の結果を踏まえレースプランを考えたい頃。

 

土曜日は20km走をする予定だったけど体が重い。

更には左膝に違和感があり15kmでストップ。

 

水曜日のスピード練習中に嫌な感覚があった。

 

「まさか故障再発…この大事なときにそれはないよなぁ〜」

 

3週間前の30km走が25kmに、2週間前の20km走が15km走に、このままだと完走すらあやしい。

 

残り2週間でどこまで疲労を抜きながらコンデイションを整えることができるのか、

不安だらけの調整になりそうだけどもう1週間ほど様子をみてレースプランを考えたい。